ホーム > スタッフブログ > ぐっちゃん > 制作チームでお化け屋敷型脱出ゲームに行ってきた!

スタッフブログ

制作チームでお化け屋敷型脱出ゲームに行ってきた!


もお〜い〜か〜い?

ま〜だだよ〜

 

みなさま、暑い日をいかがお過ごしでしょうか。

ホラー大好きぐっちゃんです。

 

暑いとこう…ゾッとしたくなるよね。

みぞおちから震えるような刺激が欲しいよね。

というわけで、先週金曜の夜に制作チームで行ってきました!

かくれ鬼の家からの脱出@鹿児島

天文館から徒歩5分、松原町にある古い一軒家。

リアル脱出ゲームを全国展開しているSCRAPさんと、
お化け屋敷プロデューサーの五味弘文さんがコラボした常設型のお化け屋敷&リアル脱出ゲームです。

今回の参加メンバーは、なんと全員女子

ぐっちゃん ぐっちゃん
今回の言い出しっぺ。ホラー好きだが極度のビビリ。
探索は好きだけどあまりいい成果を出したことはない。
よ〜ちゃん

よーちゃん
ホラー苦手だけど好奇心で参加。
女子力が高いので、女子っぽい「キャー」が期待できる。

く〜ちゃん Qooちゃん
ホラー好き、肝が座っている。
怖い動画を見ても「んーあんまり怖くないかも?」と言い放つ強者。

 

3人ともあまりキャーキャー言わないタイプの静かな(?)ほうなので、探索は落ち着いてできるのではないかな、と思っていました。

まあ怖さも正直、うわっ、びっくりしたー!あははは〜(笑)くらいだと思っていました。

思っていました。入るまでは。

 

人間性が出る

走るなって言われてたのに、バタつくアラサー女子たち。(良い子はアトラクション内を走ってはいけません)

せまい廊下で譲れず、詰まる2人。

そんな2人を振り返りもせず逃げる1人。

限界を超えた瞬間

怖すぎて「脱出とかもういいから」とか言い出す、言い出しっぺ。

脱出しないと逃げられません。

暗闇は男を光らせる

闇の中でひとり、落ち着いて笑ってる案内役のお兄さんがなぜかかっこ良く見える。

暗闇と恐怖は男を良く見せる。ホラーアトラクションマジック。

こんな感じで、普段は見せない素の自分がバレたり、聞いたことない悲鳴を聞いたりしながら謎をとき、無事脱出できました。

30分以内には出れなかったけど、延長で最後までいけました!ヤッター!

ちょっとやつれてる

すごく楽しかったし、とても良いコミュニケーションになったので、ホラーが好き!謎解きが好き!という人はぜひチャレンジしてみてください!

私たちが参加した時点で、275組中、延長ありで脱出できたのが224組、30分以内にクリアできたのが、13組だけとのこと。

ハートの強さがないと30分以内には難しそうです。

 

アジトオブスクラップ鹿児島

http://realdgame.jp/ajito/kagoshima/

 

すごく怖かったけど、全員で協力して脱出できた制作チームメンバーとなら、今後もいい仕事できそうです!笑

恐怖のドア前

トップへ戻る

お問い合わせ

お電話でお問い合わせ

有限会社サイバーウェーブ

099-219-9720

受付時間:9時〜18時

メールフォームからお問い合わせ

クリックするとメールフォームが開きます

メールを送る

SNSからお問い合わせ